kechappu

片田舎のスーパーに陳列されているケチャップが見た夢

【ネタバレ有】ロリータって映画を紹介してみる【ドラマ】

ロリータは足が印象的な映画

こんにちは、ケチャップです。

以前、何処かで目にして気になっていた映画『ロリータ』。題名からして、胸がプルプル震えるほど面白そうじゃないか。

なんて思ったことも忘れていたのだが、たまたまAmazonプライムビデオにあったので見てみた。1962年に映画化されたものと、1997年に映画化されたもの。ふたつの感想を書いてみようと思います。

 

 

ロリータ

原作はウラジーミル・ナボコフの小説『ロリータ(Lolita)』。題名は作中に出てくる少女「ドロレス」の愛称。「ローリータコンプレックス」はこの映画の主人公、ハンバートの心情を表すために生まれた言葉らしい。

1962年に1度目の映画化、監督はスタンリー・キューブリック。1997年に2度目の映画化、監督はエイドリアン・ライン。

主人公ハンバートの手記という設定の話なので、彼の妄想や主観が入っている恐れがあり、何処までが本当の話なのかは解らない。

 

あらすじ

文学教授のハンバートは下宿先を探していた。友人に紹介された下宿先に訪問した時に彼の眼に飛び込んできたのは、愛らしい少女「ロリータ」だった。

ハンバートの目は正に釘付け。「娘です」と紹介する下宿の主人、未亡人シャルロットの声も聞こえていない様子。

心の中で嬉々として『恋の奴隷』に志願したであろうハンバートは、即決でここで暮らすことに決めた。

少しずつ交流を深めていくハンバートとロリータ、そしてシャルロット。ハンバートがロリータ狙いなんてことはつゆ知らず、ハンバートに恋してしまったシャルロット。

ハンバートはロリータの近くに居たいがために、シャルロットの求婚を受け結婚する。

表面的にはシャルロットの夫として上手く仮面をかぶるハンバート。しかしある時ロリータに対する思いの丈を綴った日記を、シャルロットに見られてしまう。

これはやばいと思いきや感情的になり家を飛び出したシャルロットは、車に轢かれ事故死。ハンバートにとっては素晴らしい状況になってしまった。

ロリータを連れ、人目を避ける様に旅をするハンバート。果たしてロリコンは幸せになれるのか。

 

2作品の印象

1962年『ロリータ』

白黒映画という事で、絵的には見づらい。しかし物語の流れや説明がしっかりされていて、こちらのほうが理解しやすかった。

エッチな描写はされていない。

ハンバートの見た目が結構なおっさんなので、犯罪臭がすごい。

古い人間で、厳格、古典的な親父が若い女の子に魅せられて落ちていく行く様子は非常に悲しく、そして何処かリアルである。

父のエロビデオを発見してしまった時のような、飲み屋の女の子に鼻の下を伸ばす父の姿を見かけてしまったような、そんな気持ちになる。

遊ぶことを知らずに育った生真面目なおっさんが、若い女の子にハマり、振られて泣く映画という感じ。

 

1997年『ロリータ』

こちらは少々物語がつかみにくく感じた。いつの間にかハンバートとシャルロットは結婚しているし、ロリータは終始情緒不安定で行動の意図が掴めない。今作はサスペンス要素を多くしようとした結果、分かりづらくなったのかもしれない。

こちらの主人公ハンバートはなかなかハンサム。しかし何の化学反応か、それが余計に変態っぽく見える。

ロリコンというよりは、マゾっぽいなと言う印象が強かった。

今作はエッチな描写が少しあった、ロリータの表情がとても興奮しました。

こちらは変態が女王様を囲うために奮闘し、全力でATMになる映画。

 

感想~ネタバレ有~

最初ハンバートを誘ったのはロリータの方だった。サマーキャンプで初めてを体験したロリータは、その出来たばかりの秘密を誰かに知ってもらいたくて仕方がないように感じた。

それと少しの好奇心。恐らく思っていたよりも初めてはあっけなく、つまらないものだったのでは無いだろうか。大人ならどうなんだろうかと考えたのかもしれない。

また大人に憧れる少女にとって、大人の男と致すことは他の子よりも大人に近づくいいチャンスだったのだろう。ロリータは元々年上好きっぽい所もある、ハンバートはとても都合が良かった。

 

ハンバートにとってはこの時が最も幸せな時間だったと思う。私が感じた印象ではあるが、彼は無理にそういった事をロリータに強いる事はなかったと思う。それが向こうから転がり込んできた事によって、ハンバートは勘違いしてしまう。ロリータにとってはただの好奇心を、ハンバートは好意であると思っただろう。

男性なら気持ちがわかるんじゃないだろうか、コンビニでお釣りをもらう時手を握られただとか。2人で出かける事になっただとか。

相手にとっては何の気も無いことで、「もしかして行けるんじゃね?」と思うことはよくあることだと思う。

 

ロリータにとって事情が大きく変わったのは、母の死を知ったこと。これによってロリータにとってのハンバートは好奇心を満たせる適当な大人から、生きるために必要なライフラインになってしまった。

ここで悔やまれるのが、ロリータがすでにハンバートに身体を開いていたことだ。ロリータを連れ回すハンバートの旅は、さながらハネムーンだ。

最早普通の親子として暮らしては行けない。ハンバートは父親になるつもりはもう更々無い、彼の中で2人は愛し合う恋人なのだから。

ここで均衡した力関係が生まれる。ハンバートには惚れた弱み、ロリータには生活。

 

しかし脚本家キルティの存在によって、この均衡は崩れていく。

とある街に落ち着いたロリータとハンバート。徐々に冷たい態度になっていくロリータに対し不安を覚え、強く束縛するハンバート。

この頃にロリータはキルティと再開(1962年版と1997年版で少し違うが序盤に登場する)し、彼を慕うようになる。

ロリータの態度、そして不信感を覚える周りの人々に不安を感じたハンバートは、幸せだった頃に戻ろうとロリータに旅をする事を提案する。

この部分の束縛に関して強すぎるようにも感じるが、彼らが恋人だと考えれば当たり前の事でもある。嘘をついて出かけていたり、帰りが遅かったり。そうなれば当然浮気を疑うし、束縛も強くなるだろう。

 

旅を再開させたハンバートは、これで幸せだった頃に戻れると思っていた。しかし2人の後をつけている存在に気づく。

その存在によって精神的に追い詰められていくハンバート、そんな中ロリータが体調不良により病院に一泊入院することになった。

ハンバートは側に居たがったが、病院に拒否されひとり宿泊施設に泊まった。次の日ロリータを迎えに病院へ行くと、ロリータは既に「叔父」に付き添われ退院した後で、その後いくら探しても足取りはつかめなかった。

ここの病院で取り乱すシーンは面白かった。徐々に追い詰められていくハンバートと、それをあざ笑うような様子のロリータ。この頃には完全に力関係は崩壊しているように感じる。

 

3年後、すっかり気力を無くしているハンバートのもとに、ロリータからの手紙が届いた。内容は「私も苦労した、もうすぐ子供が生まれる、金が無い」といったもの。

ロリータに会いに行ったハンバートは、そこで最早少女では無くなった彼女を見てそれでもとても愛しいと思った。

3年前の事を教えてくれと懇願するハンバートに、ロリータはすべてを語る。

キルティという男が、2人が最初に結ばれたホテルの時からずっと2人を追っていたこと。彼は2人の関係を見抜いていたこと。彼がロリータに目をつけ、そしてロリータも彼を愛していたこと。生涯で愛したのはキルティだけで、ハンバートに対してはそんな感情は持っていなかったこと。しかしピンク映画に出されそうになり、逃げ出し、今の夫と出会い結婚したこと。

全てを聞いたハンバートはそれでも「一緒に暮らそう」と、ロリータに懇願する。しかし素気なく断られ、ハンバートは号泣しながらロリータに現金と小切手を渡す。

ロリータの元を去った後、ハンバートはキルティの屋敷に赴き、キルティを殺害。その後、裁判を待つ間に急死。またロリータも出産時に死亡し、物語の幕が下りた。

 

さすがロリータさん、連絡してきたと思ったらお金の話ですね。っていうのと号泣する中年のおっさんを見るのはなんだか辛い、っていう印象。

お金を受け取った後「こんなに」と無邪気に喜ぶ姿が、かつて少女だった頃のロリータを思い出させます。

ロリータがキルティの事を「東洋人みたいな魅力に惚れた」と言っていて、少し嬉しかったけど、よく考えたらあのキルティの事じゃんってなって複雑。

ハンバートに関しては、全てを聞いた後にもまだ勘違いが抜けないのか、期待が捨てきれないのか、ここまで来ると同情してしまう。

最終的には皆死んでしまうんですが、結ばれなかった2人があの世で結ばれるというはずもなく。なんだか全てが終わったけど、何も終われてない様な、そんな気持ちでいっぱいになりました。

 

まとめ

思っていた感じでは無かったけど、面白い映画でした。

個人的には1962年を見てから1997年を見るのがおすすめかな、と思います。

小説のほうも読んでみたくなりました、映画では足りない部分が多そうなので。

 

ありがとうございました。

 

Amazonプライム・ビデオで見る方はこちらから。

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

 

こんな映画もいかがでしょうか

kechappu.sub-life.com