kechappu

片田舎のスーパーに陳列されているケチャップが見た夢

自傷行為をする理由・後悔する事

雨雲

こんにちは、ケチャップです。今回はちびっと暗い内容。

「自傷行為」って知ってますか?

自分を自分で傷つけることです、有名なのだと「リストカット」とかでしょうか。

意味がわからないですよね、わざわざ自分を傷つけて何が楽しいの?Mなの?ドMなの?って感じです。

 

自分の近くに自傷している人がいるってあなたに、その理由を。

現在自傷中って君には後悔することを、今回は伝えようと思います。

 

 

自傷行為の種類

まずは種類から。もしかしたら自分でも気付いてない事もあるかもしれません。

 

1:直接体を傷つけるタイプ

「リストカット(アムカ、レグカも含む)」など自分の体を刃物などで切ったりするものや、髪の毛を抜く、自分を殴る、根性焼きなどやり方は様々。実は「爪を噛む」「ピアスを開ける」という自傷行為もあります。

 

2:OD

OD(オーバードーズ)は薬などを過剰に摂取することです。処方薬から市販薬まで、いろいろな薬で行われます。

 

3:過度な飲酒

嫌な事があると吐くほど飲む、意識が飛ぶほど飲むなども自称行為のひとつです。

 

4:SEX

自暴自棄なセックスなど、自分が傷つく様なセックスも自傷行為のひとつです。

 

自傷行為をする理由

上記の自傷行為の種類を見て、もしかしたら自分もって人が居るかもしれない。過度な飲酒やセックスに関しては共感出来る人が居るんじゃないだろうか。寂しくて酒を飲む、寂しいと人肌が恋しくなるみたいな感覚だ。

自傷行為の内容はバラバラに見えて、実は共通点がある。それは「現実逃避・その場の快楽を求める」という点だ。

自傷行為に至る原因は人それぞれだ。「寂しい」「虚しい」「悲しい」「辛い」などの負の気持ちから発生する。その気持ちを紛らわせる為に、自傷行為が行われる。

 

でも、リスカとかって痛いだけじゃん、ドMかよって思うかもしれない。しかしリストカットを行う事によって、「βエンドルフィン」という脳内物質が発生する。

 

βエンドルフィンとは

私は専門家ではないので、簡単に説明させてもらう。

「ランナーズハイ」って聞いた事が無いだろうか。マラソンなどで長距離を走ったりすると、ある段階からキツさを超え快感を感じるというものだ。この時にでるのが脳内物質「βエンドルフィン」という快楽ホルモンだ。リストカットを行うと同様のホルモンが分泌され、同じような高揚感がある。

※今ではランナーズハイ時に分泌されるのは、違う物資だという意見もあるらしい。自傷時に関しては、最新の情報が見つからなかったので不明。分かりやすい脳内物資の例として記載させてもらう。

 

自傷行為のやめさせ方

先に言わせていただくと、はっきりとしたやめさせ方は存在しない。

これまでの記事を読んで、自傷行為というものがどんなものかわかっただろうか。思っていたより身近なものだと伝わっていれば幸いだ。

例えばあなたが寂しかったり辛かったりして酒を飲んでいる時に、「そんな飲み方やめろよ」と言われたらどう思うだろうか。「じゃあどうすればいいんだ」「お前がどうにかしてくれるのか」とならないだろうか。

あなたが嫌な事があった時ケーキを食べる人だったとして、「太るからやめろよ」と言われてどう思うだろうか。「関係ないだろ」「これがあるから頑張れるんだよ」と思わないだろうか。

 

自傷行為をする人にとっての自傷はそういうものだ。根本的な原因が解決しない限りは、やめる事は難しい。

理由は人によって違う。あなたに出来る事は「話を聞く」事くらいしかないかもしれない、他者の力だけではどうにもならない、本人がのりこえなければいけない。

 

だからといって怒ったり、責めたりするのは筋違いだ。解決する方法が解らない人が、「なんで解決出来ないんだ!」と責めるのはおかしいと思う。

 

自傷行為で後悔する事

ここからは今自傷行為をしている人に、後悔する事を伝えようと思います。

 

最も後悔すると言っても過言ではない。リストカットなどをしている場所にもよるが、長袖しかきれないのは辛い。とにかく暑い。

学生だと夏場の体育とかは最悪。

 

学校行事・温泉・プール

 入学したての合宿とか、修学旅行とか。普段は長袖などで隠していても、風呂にはいるときは隠せない。普段見えない場所にしていても、風呂では裸になるので隠せない。

これはプライベートでも一緒。自分は気にしないってひとや、温泉が元々嫌いって人は大丈夫だと思う。

プールや海はビキニとかは無理だけど、全身覆うようなタイプの水着ならいける。

 

仕事

 面接時は隠せるかもしれない。しかし制服がある場合は夏服になると困る。ない場合も、私服のように何でも良いわけではない。職場にもよるがそんな事をずっと考えなきゃいけなくなることは、覚えていてほしい。

 

恋愛

恋愛では確実にマイナスになる。一生恋愛できないとか、結婚できないとかってレベルではないけど。

してる人としてない人なら、してない人のほうが良いのは当たり前。「自傷行為してる君が好き」なんて人はいない。いたとしたらそれは危ない人なので、やめておいたほうが良い。

 

病気

どの自傷行為も、病気になるリスクがあるのは解っていると思う。

感染症とか、内臓の病気とか。これが一番怖いなと思います、後悔してもしきれない。好きなものも食べれなかったり、好きな人と触れ合えなかったりもします。

 

自傷行為をしている君に贈る言葉

自分でもやめたいと思っていて、やめれない人。全部どうでもいいよ、自分自身すらもうどうなったっていいよって人。いろんな人が居ると思います。無理に自傷行為をやめる必要はないと思います、ただ超えちゃいけないラインを持ちましょう。

リストカットなら「消毒する」とか、薬とアルコールを「併用しない」とか、セックスなら「ゴムをつける」とか。

 

周囲に不満を抱いている人、その「周り」の為に自分の人生を狭める必要はありません。

自分が嫌いって人、あなたに救われる人は沢山います。私はあなたにはてなスターをつけてもらえれば「ブログ更新して良かった」と思えます。車の運転中道を譲って貰えたら、それだけでその日は何だかいい日になります。そんな些細な優しさで人の1日には変化がおきます。

 

なにか伝わればと思い書きましたが、私は私の気持ちしかわかりません。そして、私が欲しかった言葉すら自分でもわかりません。

少しでも自傷行為に対して、理解が深まればとおもいます。

 

ありがとうございました。