kechappu

片田舎のスーパーに陳列されているケチャップが見た夢

愛猫様に猫又になって貰う方法

キジトラ猫又

こんにちは、ケチャップです。

我が家には愛しい愛猫様がいらっしゃる。彼が我が家に来たのは3年前、来たっていうか勝手に家の敷地に転がってたんだけど。生まれたばかりで雨と土でどろどろに汚れてたあの子が、今では生意気に私を召使い扱いして、甘えてきて、ゴロゴロ言って、夜は私の布団で足ふみふみしながらちゅっちゅやってきてまーじ可愛い。

天が私に遣わすったこの子と過ごして早三年。日々を過ごす中で、どうしても考えてしまうことがある。「この子と後どれだけの時間を過ごせるだろうか。」生き物と一緒に暮らす中で、どれだけ考えたくなくても考えてしまうことだと思う。このまま私が何事もなく生きれば、当然のようにこの子を見送るときが来る。

「いやだ!そんなのいやだよ!」

という事で、今回は猫様に猫又になって貰う方法考える。

 

 

猫又って?

猫又とは猫が長生きするとなれる妖怪、一本だった尻尾が二又に別れる。人の言葉を話せたり、人形に化けたりできるらしい。20年生きたらっていう説があるが、どうも怪しい。ギネスに登録されている猫の最高齢は38歳、しかしその子が猫又になったとは聞かない。つまり猫又になるのには20年という条件だけではない、「何か」が有るはずだ。

 

他の条件とは?

私はネットの世界を駆けずりまわった、「猫又 なり方」「猫又 実在」しかしヒットするのは嘘かホントかも解らない話ばかり。そしてなり方のヒントすら見つからない。書いてあるのは20年生きたらとか、なんたら時代にはとかの情報ばかり。

こうなったら、自分で考えるしか無い。

私は考えた、いまだかつてこれほど脳みそを回転させたことがあっただろうか。そんな事を思いながら考えて、絞り出したものを紹介する。

 

経験値をためさせる

きっとポケモンみたいに、進化するための経験値が必要なのだ。まず私はそう思った。猫が猫又になる、それはつまりニャースがペルシアンになるのと同じことなのでは無いだろうか。その経験値を得るためにかかる歳月が早くて20年位、しかし戦いばかりの野良猫の寿命は短い。逆に戦うことのない家猫では、寿命は長いがおもちゃ相手では入る経験値が少ない。結果38歳になっても猫又になれないということが、起こるのでは無いだろうか。

 

パワースポット

先程の経験値を考えるにあたって、引っかかる事があった。ならばそもそも猫又というものは、生まれることが出来ないのではないか?しかし古くから存在する猫又、昔は今程長生きもしなかったはずだ。そこで導き出されたのが「パワースポット」だ。

猫又は妖怪なだけあって妖力的なものを使うらしい。成る程、それで人形に化けたりもできるのだろう。つまり猫又はそういったパワーを扱うことができる、何らかの器官が存在すると考えられる。よくラノベとかであるマナの器てきなやつ。そこまで考えて私は気付いた。それこそが経験値を貯める場所なのでは?ここで経験値=パワーという図式が成り立つ。

どう考えても普通に生きて猫又になるのは不可能、しかし存在するはずの猫又。考えられるのは効率的にパワーを吸収できる場所が有るということだ。それがパワースポットなのではないだろうか。

 

めちゃくちゃ可愛がる

ものが大切に長い時間扱われると妖怪になったりする。ということは猫も大切に可愛がれば妖怪になれる確率が上がるはずだ。逆に雑に扱われた場合も妖怪になるらしいが、そんなのは嫌なのでいい子いい子する方向でやろう。

 

結論

パワースポットに行って、おもちゃで遊ばせつつ、めちゃめちゃ可愛がる。

 

私も嬉しい、猫も嬉しいでウィンウィンですね。でも見送られるのもなんだか悲しい、心配で死にきれないだろうなと思います。私も妖怪になる方向で頑張れないかな、「早く妖怪になりた~い」って感じで。

 

今回書いたことに科学的、非科学的な根拠は一つもないのでそのへんはよろしくです。

 

ありがとうございました。

 

 

 よろしかったらこちらもどうぞ。