kechappu

片田舎のスーパーに陳列されているケチャップの夢

前世持ちの少年

前世持ちの少年

 

「オギャーオギャー」

 とある田舎の村に、新たな命の誕生を知らせる産声が響いた。大声で泣き叫ぶまるこいその赤ん坊には、立派な玉がふたつついていた。

 

 赤ん坊はスクスクと成長し、少年になった。少年になった頃、彼は自分が『前世持ち』だと知った。

 

 母親の買い物に、街までついて行った時のことだった。「ここにはね、前世持ちのお嬢様がいるらしいよ」そう言った母親に、少年は「前世持ちってなに?」と、問うた。母は「今の自分が生まれる前の記憶を持っている人よ」と言った。

 少年には前世の記憶があった、しかし何も覚えてはいない。ただ「深く後悔した人生だった」それだけを覚えていた。

 「そっか」と、少年は興味のないふりをしてそれだけを答えた。母親は「面白みのない子ね」と白けた目を少年に向けると、さっさと目当ての店に歩き出した。

 少年は『腑に落ちない』という気持ちを学んだ。

 

 少年にとって後悔だけの前世の記憶なんかはつまらないものだった。それよりも少年の心を惹きつけてやまないのは、街に行った時語り屋が歌うように語っていた勇者と奇妙な生き物が旅をする冒険碑だった。

 少年はいつか自分も旅に出たいと思うようになった。

 

 少年はスクスクと成長し、青年になった。

 

 青年が成人を迎える誕生日が来た。

 それほど大きくない村のそれほど多くない村人が集会所に集い、青年の誕生日を祝った。みんなで酒を飲み、懐かしい話を沢山した。

 「本当に行くのか?」という村人や両親の声に、青年は頷く。

 

 青年の旅に出るという少年の頃からの夢が、現実になろうとしていた。

 少年は文字を書くのも計算ができるようになるのも、人並みかそれよりも遅い位だったし、要領がいいわけでもなかった。

 両親は反対したし、村人には馬鹿にする人も居た。

 それでも諦めず、村に旅人が立ち寄れば旅について質問攻めにし、体力をつけると言い朝早くから村の周りを走りまわった。

 そんな少年を見て、ついに両親は呆れたように笑った。

 

 次の日、青年は村人と両親に見送られながら村を出た。

 

 青年は決して無理はせず少しずつ、少しずつ旅をした。

 時には手間仕事をしながら日銭を稼ぎ、困っている人がいればフラフラと立ち寄り、他の旅人と知識を分け合った。

 

 そうして経験や知識を積み重ね、一歩一歩を積み重ね、生まれた村から遠く離れた土地にたどり着いた時に青年は壮年と呼ばれる年に差し掛かっていた。

 

 カンテラの灯が踊る自分の手のひらを眺めながら、男はこれまでの旅を思い出していた。

 そこそこに長い旅の中で男はいろいろな人と出会い、時には行動を共にしたこともあった。秘境に隠されている宝を探す旅、行くあてが無く歩く旅、自分探しだと言う旅、何かから逃げる旅、死に場所を探す旅、色んな旅の形があった。

 旅の終わりにも、色んな形があった。

 町娘に恋に落ち、猛アタックの末結婚した者。怪我で旅を諦めた後、趣味が高じて語り屋になった者。女装に目覚め、そこそこ人気の役者になった者。守らなければならない人達がいると、覚悟を決めた者。娘の仇を取り、故郷へ帰っていった者。

 喜び別れる事もあれば、悲しみ別れる事もあった。それでもなるべく笑顔で別れを迎える様、男は尽力した。

 

 故郷への手紙をしたため終えた後、カンテラの灯を消した男は眠りについた。

 

 次の日も男は歩いた。

 男は旅の中で、多くのことを学んだ。獣の気配や痕跡を見つけ、安全に旅する方法を学んだ。初めて訪れた場所で、水源を見つける方法を学んだ。人里から人里まで、都合よく歩くペース配分を学んだ。星から方角や位置を探る方法を学んだ。

 ただ、多くを学んだ男に出来るのは歩き進むことだけだった。

 

 歩き続け遂に世界の淵にまで辿り着いた時、男は老年と呼ばれる年になっていた。

 

 世界の淵は切り立った岩山のような大きな大きな壁だった。これまでただ愚直に歩き進む事だけを学んできた老人は、シワの増えた決して屈強そうには見えない手を迷いなくその岩壁に伸ばした。いつか語り屋が語った物語を思い出し、ドラゴンに挑むような気持ちに老人は高揚した。

 一手一手、一歩一歩を焦る事なく進んだ老人は、世界の淵に最後の一手を掛けその向こう側を見下ろした。

 そこにあったのは、ただただ暗くどこまでも続く闇と、何も無い空間だけだった。

 

 老人は岩壁のなるべく平たく開けた場所に腰かけると、幾分か小さくなったように感じられるシワだらけの手のひらを眺めながらこれまでの旅を思い出していた。

 沢山の人に出会い、沢山の人に支えられてきた。沢山の笑顔を見ることができたし、沢山の涙も見てきた。

 沢山の人の人生に寄り添うことができたし、沢山の人が自分の人生に寄り添ってくれている事を感じた。

 

 何も持たなかった自分が、旅の中で多くのものを与えてもらった。老人の胸に収まりきれなかった思い出は、雫となって老人の頬を濡らした。

 瞬きの度重くなっていくように感じられる瞼と比例するように、老人は深く満足した。これ以上の幸せはないとすら思った。

 両親や村の人達、旅で出会った人々、皆の顔を思い浮かべるうち老人はいつの間にか眠っていた。深い、深い眠りについた。

 

おわり